「首都圏青年ユニオンを支える会」 第二期活動方針

1.第二期の方針
@ 専従4人分の給与と活動費相当額
(一年で約
1500万円)を集める2000
の個人会員・団体会員を目指す


会員は会費(1口 年会費 6000円、月会費500円。 複数口歓迎)を郵便自動引き落とし、もしくは郵便振替で払う
団体会員の会費・納入方法は事務局との協議で決める

A 会は「ユニオン」の活動を普及し社会 的に支えるとともに、非正規(低処遇正規)青年労働者の状況を改善する社会運動ネットワークとして活動する

B 第二期は2007年7月〜2011年6月までの4年間とする

2.会の運営
@ 後藤道夫(都留文科大学)、後藤眞生(元久留米高校)、笹山尚人(弁護士)を会の共同代表とする
A 事務局を「東京公務公共一般労働組合」におく。事務局責任者は後藤眞生(元久留米高校)
B 会計報告・監査は毎年行う。会計年度は7月〜翌年6月とする
C 一年に一回、会員の交流と支援する会の活動総括、方針検討のために集まりをもつ

3.会の活動
@ 会員を拡大し続ける
A 毎月の「首都圏青年ユニオン ニュースレター」を会員に郵送する
B 首都圏青年ユニオンの組合員による各種出前講義、講演などを紹介する
C 会員相互の交流をはかる(首都圏青年ユニオンの組合員をふくむ)
D 会のホーム・ページと会員のメーリングリストを作る
E  非正規(低処遇正規)青年の情況改善のための情報交換・研究交流・普及の活動を行う

<入会の申し込み・会費の支払い>

これまで会員であった方もあらためてお願いいたします。

@入会をされる方は、入会申込書等を送付しますので、住所、氏名を事務局までお知らせください。折り返し、ご記入のうえ、同封の返送用封筒にてご返送下さい。(送料は青年ユニオン負担です)

A会費
(1口 年会費6000円、月会費500円)

振込先:
郵便口座番号 00170-0-12987
加入者名 首都圏青年ユニオン

会費の自動引き落としの手続きについては、下記のようにお願いいたします。


1.個人郵便局口座を開設してください。(すでに口座をお持ちの方は、その口座を使用できます)

2.自動振込利用申込書(3枚複写)に口座と氏名を記入の上、?枚目と2枚目に郵便局に届けている印鑑を押印してください。【太枠内のみ記入してください】

※口座名義人と支える会会員が異なる場合は、下段の「ご契約者住所氏名」欄に支える会会員の住所氏名を記入してください。

3.自動振込利用申込書は、そのまま首都圏青年ユニオン支える会事務局までお送り下さい。(郵便局の窓口には出さないで下さい)

4.会費を口座に預け入れてください。毎月20日に引き落としがされます。残高不足などで引き落とし出来ない場合は、当月28日に再度引き落としを行います。それでも引き落としが出来ない場合は、翌月にまとめて引き落としを行います。

5.申込書に誤字がある場合は、その箇所を二重線で消し、訂正印を必ず押してください。

実務上のお問い合わせについては、下記までお願いいたします。

電話 03−5395−5255
(東京公務公共一般労働組合気付担当 山田)
E-mail sasaerukai@seinen-u.org